N E W S
N E X T
N E X T
06-twitter.jpg

この読書会では、鳥公園の今後の創作に直接的・間接的に関係してきそうな本を読んでいきます。
2020年度の読書会では、ドラマトゥルクの朴建雄さんをファシリテーターにお迎えし、以下の本を読みました。


- 5/30 遠藤周作『私が・棄てた・女』
- 6/29 東畑開人『野の医者は笑う 心の治療とは何か』
- 7/30 熊谷晋一郎『リハビリの夜』
- 9/6 千葉雅也、二村ヒトシ、柴田絵里『欲望会議 「超」ポリコレ宣言』
- 10/15 遠藤周作『留学』
- 11/29、12/26 遠藤周作『沈黙』
- 1/25、2/25 アラン・シュピオ『フィラデルフィアの精神 グローバル市場に立ち向かう社会正義』
- 3/28 元木大輔『工夫の連続:ストレンジDIYマニュアル』

2021年度はファシリテーターに畑明日香さんをお迎えして、下記の本を読み進めています。

第1回 5/25 黒田夏子『abさんご』
第2回 6/12 黒田夏子『abさんご』
第3回 7/30 水村美苗『私小説 from left to right』
第4回 8/30 樋口一葉『たけくらべ』原文・現代語訳(松浦理英子訳/川上未映子訳/山口照美訳/秋山佐和子訳)

第5回 9/22 松浦寿輝『明治の表象空間』(うち、樋口一葉についての第Ⅲ部 36~39の4章)

第6回 10/22 幸田露伴『五重塔』

直近の回は、こちら

第7回:11月26日(金)19:30~22:00

課題図書:松浦寿輝『明治の表象空間』(うち、幸田露伴についての第Ⅲ部 40~43の4章)

​※扱う部分が書籍全体のごく一部のため、今回は参加者に該当部分を配布します。

前提になる知識などなくても、どなたでも気軽にご参加いただける読書会です。

みなさんと色々に言葉を交わしながら読み進めていけることを楽しみに、お待ちしています!

鳥公園の読書会2021

◆ペース:おおよそ月1回

◆会場:オンライン

◆参加費:2000円(通年)

​◆参加方法:下記ページよりお申込みください。ご記入いただいたメールアドレスを、読書会メーリングリストにご招待します。

https://tori-dokushokai21.peatix.com/

※直近の回にご参加いただけない場合でも、peatixからお申込みいただければメーリングリストにご招待します。

※毎回の実施日は、複数の候補日の中から、ご参加いただける方の一番多い日に決めます。

© 2015 Bird Park All rights reserved