撮影:三野新

花井瑠奈 福岡県北九州市出身

 

福岡県北九州市で生まれ育ちました。小さい頃政治家になろうと考えていましたが、9歳でミュージカルに出会い、国会中継を見るよりも踊る方が自分に合うと分かりました。15歳のとき、ディズニーランドに感銘を受けてそこで生活したいと思い、大学卒業後ショーなどの出演者として5年間在職したのち、昨春退職しました。在職中に舞台作品に参加する機会が何度かあり、いくつかの創作の場を経験しました。作品に関わる過程では、何かに影響されること、意識が変化すること、そうでないことを観察することができて、それは私にとって必要な環境でした。この数年間に参加した舞台作品は、サカサマナコ「静かな欠片」、新聞家「失恋」「遺影」、スペースノットブランク「ネイティブ」「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」「フィジカル・カタルシス」などです。今後も続けて舞台に携わるか未定ですが、自分の考えや表現を更新するために時間を使いたいと考えています。

和田華子 (青年団) 青森県十和田市出身

青森の田舎で、2ヶ月に一度の演劇鑑賞会を観ながら育つ。
舞台・演劇という場所は、未来にも過去にも行ける。若返ったり歳を取ったり。女が男にもなり、人間が猫にもなれる。そんな魔法の場所だと信じて、自分も舞台上の人間になりたいと、俳優になる事を決意。
舞台俳優になるべく、京都造形芸術大学舞台芸術学科で演劇の基礎を学ぶ。
卒業後はフリーで活動。
自分の身体の不自由さ、思い通りにならなさ、わだかまりを抱きながらも、身体の強度が強い作品から会話劇まで、様々な形態の表現方法に興味が尽きず、その違和感をプラスに働かせながら、俳優活動を続けている。
これまで松本雄吉、平田オリザ、神里雄大、瀬戸山美咲、山田百次、オノマリコ、松村翔子、杉原邦生等、多くの演出家・劇作家の作品に出演。
2019年より、青年団に入団。

城崎国際アートセンターでの滞在執筆、名古屋、静岡、東京でのリーディング公演を経て、2年ぶりの新作で鳥公園がシアターイーストに初登場! ※名古屋・静岡公演中止のお詫びとお知らせ [link

鳥公園 静岡・京都2都市ツアー

『すがれる』

 

作 西尾佳織 / 演出 和田ながら

photo: 塚田史子

​西尾佳織が作・演出を兼ねる体制から、西尾の執筆した戯曲を三名の演出家が上演する新体制となった鳥公園。新体制初の上演プロジェクトとなる今回は、西尾が過去に上演した『すがれる』を和田ながら(したため)が演出を手掛けます。

『すがれる』は、漢字では「末枯れる」と書く。「盛りを過ぎて衰え始める。風化し始める。植物が、冬をむかえて枯れていく」という意味の言葉だ。私たちはみんな、スエ・カレル。終わりに向かう、その変化の始まりに気付いた人は、一体どれだけの時間、その人を(あるいは土地を、物事を、)見つめていたのだろう。

ストリートシアターフェス「ストレンジシード静岡2019」での野外上演、そしてTHEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会ショーケース企画「Continue」での劇場上演。2都市、2ヴァージョンでお届けします。
 

出演者

藤原美保 ふじわら・みほ

 

1990年、京都府亀岡市出身。高校より芝居をはじめる。専門学校の声優科を卒業後、上京。俳優養成所にて2年間学んだ後、地元に戻り、2014年にソノノチに入団。以降、全作品に出演している。その他、演劇ワークショップ講師や、高校での声優の授業を担当している。

http://sononochi.com/

三田村啓示 みたむら・けいじ
 

主に大阪を中心に活動。2005年より空の驛舎に所属する傍ら、ジャンルを問わず外部出演も多数。近年では俳優以外の活動も並行して行い、明倫art(京都芸術センター発行)の演劇レビューを3年間担当。また観客と創作者の交流の場として、小劇場観劇講座の運営に携わっている。また、大阪の老舗小劇場・ウイングフィールドが主催する若手対象のコンペティション・ウイングカップの審査員として、新しい才能の発掘にも取り組んでいる。2018年より、大阪アーツカウンシル・アーツマネージャー。第18回関西現代演劇俳優賞男優賞受賞。
撮影:永田晶子

松田早穂 まつだ・さほ

 

兵庫県出身京都在住。俳優。大阪を拠点とする公演芸術集団dracomのメンバー。2008年よりベビー・ピーに参加、人形劇や野外テント作品等に出演。最近の出演作はdracom『しじまの夜がこだまする』『模様曲』、ベビー・ピー『ラプラタ川』、したため#7『擬娩』。
撮影:永田晶子

2012年、2017年に上演された鳥公園『すがれる』を和田ながらを演出に迎え、新たに静岡・京都の2都市で上演を行います!

​鳥公園 ストリートシアターフェス「ストレンジシード静岡2020」参加

『すがれる』

 日程 

2020年5月2日(土)〜5日(火)  全7ステージ

5月2日(土)14:30 / 17:00
5月3日(日)14:30 / 17:00
5月4日(月)16:00
5月5日(火)15:30 / 17:00

※天候の状況により上演時間の変動や上演中止の可能性があります。
 当日の状況についてはストレンジシード静岡公式ウェブサイトや公式SNSをご覧ください。

 

上演時間: 30分(予定)

​ 会場 

常盤公園エリア プロムナード

静岡駅北口から約徒歩15分

https://www.strangeseed.info/areamap.html

 料金 

予約不要・観覧無料

※投げ銭歓迎!

★ストリートシアターフェス「ストレンジシード静岡2020」参加

https://www.strangeseed.info/

■スタッフ:音響・甲田徹

■主催:静岡市

■共催:SPAV-静岡県舞台芸術センター

​鳥公園 THEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会ショーケース企画 “Continue” 参加

『すがれる』

期間中に4つの団体が公演するショーケースを開催いたします
それぞれの個性ある魅了をぜひお楽しみください

■参加団体■
鳥公園/NPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)/正直者の会/ドキドキぼーいず

 

『Continue』には、続ける、引き継ぐなどの意味があります。
いま私たちは創作や創造環境をつくり続けることは、社会状況に大きく影響を受けるということを身をもって感じています。
今回の企画を通して、続けるとは何か?ということを考えてみたいと思います。
この度は、96年の発足以来、京都の舞台芸術界の創造環境の整備に広く貢献し続けている京都舞台芸術協会に協力を依頼し、プログラムの選考をいただきました。
20代30代40代にわたる各カンパニーの多彩なパフォーマンスにご期待ください。​

 日程 

2020年5月15日(土)〜18日(火)  全6ステージ

5月15日(金) 19:00 A
5月16日(土) 14:00 B★ / 19:00 A
5月17日(日) 14:00 A★ / 19:00 B
5月18日(月) 14:00 B

 

 Aプログラム|鳥公園/NPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)
 Bプログラム|正直者の会/ドキドキぼーいず

  ※上演時間  各団体約1時間を予定
  ※途中10分間の休憩を挟みます

 ★感想シェア会

 終演後に劇場1F にあるCafe&Restaurant Odashiにて、感想シェア会を行います。
 どなたでも参加可能です。作品を見て感じたこと・考えたことを、同じ作品を観た人同士でシェアしてみませんか。

 *参加にはお一人ワンドリンクご注文いただきます。

​ 会場 

THEATRE E9 KYOTO

〒601-8013 京都府京都市南区東九条南河原町9-1

・JR京都駅八条口から徒歩14分

・東福寺駅から徒歩7分

・京都市バス16、84系統「河原町東寺道」より徒歩3分

・京都市バス 16,202,207,208,84,88系統「九条河原町」より徒歩6分​

https://askyoto.or.jp/e9#access

 チケット 

[自由席/日時指定/税込]

前売り    一般:3000円 U-25:1500円
当日  一般:3500円 U-25:2000円
AB通し券*  一般:5000円 U-25:2500円

 

※AB通し券について
・プログラムA,Bをそれぞれ一回ずつご覧いただけます。
・チケット申し込みの際に、希望する2つの回を備考欄に記入ください。
・予約限定の販売となります。当日はお買い求めいただけませんのでご注意ください。

 

★チケット取り扱い

THEATRE E9 KYOTO チケット購入はこちら

チケットフォームほか、お電話でも受け付けております。

TEL:075-661-2515(10:00~18:00)

■スタッフ:音響甲田徹・舞台監督|河村都・照明|吉本有輝子

企画・製作:THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)・NPO法人京都舞台芸術協会
制作:福森美紗子
宣伝美術:永戸栄大

主催|THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)
共催|NPO法人京都舞台芸術協会
協力|NPO法人大阪現代舞台芸術協会

 問い合わせ 

THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)

MAIL:info@askyoto.or.jp
TEL:075-661-2515(10:00〜18:00)

HP:https://askyoto.or.jp/e9/ticket/20200515

© 2015 Bird Park All rights reserved